スタディサプリ高校講座 高3古文講座の評判

スタディサプリ

 

古文は省略が多いため、文法や単語をしっかり覚えても読解が苦手な人が多い科目。スタディサプリの古文では、この読解のためのルールを徹底的に教えてくれるので安心です。では高3古文講座を紹介していきますね。

 

スタディサプリ高校講座はこちら

 

 

スタディサプリ高校講座 高3古文講座の担当講師

 

岡本 梨奈(おかもと りな)先生

 

スタディサプリ,講師

【担当講座】

  • 古文 読解編(トップ・ハイ・スタンダード・ベーシックレベル)
  • 古文 文法編(トップ・ハイ・スタンダード・ベーシックレベル)
  • 漢文(トップ・ハイ・スタンダード・ベーシックレベル)
  • 志望校対策講座(私立古文)
  • センター試験対策(古文・漢文)

【著書】
『岡本梨奈の1冊読むだけで古文の読み方&解き方が面白いほど身につく本』(KADOKAWA)
【講師紹介】
大学では異色の芸術・音楽を専攻。予備校での長年の指導では、基礎から難関レベルまで幅広く担当している。自身が受験時代に、苦手だった古文を克服して一番の得点源に変えられたからこそ伝えられる「わかりやすい解説」で、全国から感動・感謝の声が続出(公式サイトより)

 

スタディサプリ高校講座 高3古文講座のレベルわけ

 

高3の古文には、スタンダードレベル、トップ&ハイレベルの2つがあります。各レベルの難易度は、公式サイトに記載されていましたのでそちらを抜粋してみました。

 

スタンダードレベル その他国公立、日東駒専、産近甲龍、その他私立大学レベルを目指す方向け。
ハイレベル 地方国公立、GMARCH、関関同立などの難関国公私立大学レベルを目指す方向け。
トップレベル 旧帝大、早慶・私立医学部などの最難関国公私立大学レベルを目指す方向け。

 

スタディサプリ高校講座 高3古文講座の紹介

 

スタディサプリ

 

高3古文(文法編)

 

こちらの講座は高1・高2の古文(文法編)を受講した方は受ける必要がありません。扱う問題は違いますが、教わる文法事項や解説は同じものとなっています。
高3で初めて古文を始めるという方にはおススメの講座。たった12回で入試に必要な知識が学べます。古文は読解を学ぶ前に文法や単語を抑えておく必要がありますので、はじめの一歩に最適な講座となっています。

 

岡本先生の古文のサンプル動画がありましたので、ぜひご覧になって雰囲気を味わってみてくださいね。

 

高3古文(文法編)の講義一覧

 

1.動詞・形容詞・形容動詞
2.助動詞(活用と接続)
3.「つ・ぬ」/「ぬ」・「ね」の識別
4.「る・らる」/「る」・「れ」の識別/「す・さす・しむ」/「せ」の識別
5.「む・むず」/「じ」/「らむ・けむ」
6.「らむ」の識別/「べし・まじ」/「まし」
7.2つの「なり」/「なり」の識別/その他の助動詞
8.係助詞/間投助詞/接続じょし(1)
9.接続助詞(2)/「て」の識別/格助詞
10.終助詞/副助詞/「し」の識別/呼応の副詞
11.「なむ」の識別/「ばや」の識別/「に」の識別
12.敬語

 

高3古文(文法編)の進め方

 

【予習】

  • 必要ありません

 

【復習】

  • テキストの太字部分やメモしたことをしっかり覚える
  • 復習問題に取り組む

 

高3スタンダード古文・トップ&ハイレベル古文(読解編)の紹介

 

古文は文法や単語を十分に勉強しても文章が理解できないことが多い教科なんだそうです。それは、「とにかく主語省略が多い」から。でも昔の人は同じ文章でも「何か」に注目することでちゃんと読めていたんです。だから私たちもその「何か」を知れば主語が見えてくるはず!この古文の講座では主語把握の方法を含めた読解のルールを徹底的に教えてくれます。
「スタンダー古文」と「ハイ&トップレベル古文」では、主語把握などの解法は同じですが、扱う問題の難易度や知識量などが違ってきます。

 

スタンダード古文
入試問題を使って「主語把握方法」「会話文中の主語判断法」などの「読解のルール」を中心に解説。

 

ハイ&トップレベル古文
国公立二次試験対策のための講座で記述中心。また「源氏物語 54帖分のあらすじや人物関係図」「土佐日記などの日記作品の常識」など知っていると有利になるプラスアルファの知識も扱います。

 

スタンダードレベル古文(読解編)の講義一覧

 

1.大和物語(歌物語)
2.無名草子(物語評論)
3.宇治拾遺物語(説話)
4.建礼門院右京大夫集(日記・歌集)
5.発心集(仏教説話)
6.曾我物語(軍記物語)
7.大鏡(歴史物語)
8.源氏物語
9.正徹物語(歌論書)
10.本朝桜陰比事(近世小説)

 

トップ&ハイレベル古文(読解編)の講義一覧

 

1.宇治物語
2.玉勝間
3.吾妻鏡
4.古今著間集
5.平家物語
6.とばずがたり
7.讃岐典侍日記
8.源氏物語(幻)
9.源氏物語(宿木)
10.苔の衣
11.今鏡
12.保元物語

 

スタンダード古文の進め方

 

【予習】

  • 15〜20分以内に問題を解いてみる(※前回の授業内容を踏まえて問題を解くことが大切)
  • テキストに先生と同じように印をつけながら文章を読んでみる

 

【復習】

  • 読解のルール、古文常識、作品常識を覚える
  • 本文につけた印の根拠を確認
  • 重要単語の暗記

 

トップ&ハイレベル古文の進め方

 

【予習】

  • 自力で問題をといてみる

 

【復習】

  • 記述問題が多いので、模範解答と自分の回答を比べ、模範解答の言い回しで優れている点などを真似て覚える。

 

まとめ

 

高3になって受験勉強を始めようとした時でも、スタディサプリならたったの12講義で古文の基本が学べます。高1・高2で古文を勉強していた方なら、トップ&ハイレベルの古文講座で更に実力をつけることがに合わせも可能!スタディサプリは自分のレベルや都合に合わせて講座を選べ、何度でも繰り返し受講できるのが魅力。テキストや過去問までダウンロードできて月額たったの980円!塾や予備校は費用が高いからと迷っているご家庭には心強い味方です。

 

ただ1つだけ気を付けてほしいのはスタディサプリには無料会員と有料会員があること。無料会員はテキストがダウンロードできず見れる動画もサンプル動画だけになります。有料会員はすべての動画が見放題、クレジット払いなら無料お試し期間もついてきます。ですのでまずは有料会員登録をしてみるのがおススメでですよ。

 

スタディサプリ高校講座はこちら